この時期、気を付けたいアレルギー性の喘息

先日のサッカーワールドカップ決勝トーナメント日本VSベルギー戦、惜しかったですね。午前3時のキックオフにもかかわらず視聴率は30.8%と非常に高い数字が関心の度合いを物語っていたんだと思います。

咳が止まらない?

風邪を引いたワケでもないのに、1週間近く咳が止まらず、咳のし過ぎで痛みが発生。もしかしたらそれは夏型過敏性肺炎かもしれません。この病気は慢性化すると肺線維症を起こし、呼吸困難になり最悪のケースで命を落とすことがあります。

カビのアレルギーによる夏型過敏性肺炎は6~9月の気温、湿度共上がるこの時期にピークを迎えます。

原因

主な原因として挙げられるのが、トリコスポロンというカビです。このカビは温度25度以上、湿度60%以上で活発に繁殖します。

古い木造住宅に住んでいる方は注意が必要です。

以前にカビ対策について少し紹介しています。

梅雨の時期、カビに注意
NHKのBSプレミアムで放送のチョイ住み、二人の芸能人が海外で共同生活を送る企画なんですが、結構面白いなと思ってます。個人的には、藤井フミヤ...

ゴキブリ喘息

ゴキブリ喘息はゴキブリの糞や死骸の一部等を吸引してしまう事により発症するアレルギー性の喘息です。実はアメリカの都市部でアレルギーの原因としてダニを抜いてゴキブリがトップになっています。国内ではアレルギー性の喘息と言えばダニの方が中心で、まだそんなに取り上げられていないと思いますが、ゴキブリアレルギーをかかえる方が15%ほど存在していると言われています。

対策

何となく、ゴキブリは嫌われ者のイメージが強いですが、約3500種類いるゴキブリのうち、国内の街中でも見かける事があるのは、基本的に4種類。ヤマトゴキブリ、ワモンゴキブリ、チャバネゴキブリ、クロゴキブリです。中でもワモンが一番デカいです。

ゴキブリが生きていく上で、必要な条件は、「食べ物」「気温」「隠れ場所」「水」の4つ。こうしてみると人間と変わらない気もしますね。この条件が欠けるとゴキブリは生きていけないので、基本的には、自分の生活環境をマメに掃除をすることが重要です。

しかし、それでもゴキブリが出ちゃった場合、やはり殺虫剤の出番となります。次回はゴキブリ駆除の殺虫剤について書いてみます。

https://www.kasumi-pharmacy.com/

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする