腰痛

ワールドカップメンバー発表になりましたね。4年前とそんなに変わらない感じな気がしますが、6月19日のコロンビア戦、是非頑張って欲しいです。

腰痛

腰痛、一度なると繰り返す、なかなか治りませんね。国内に腰痛で悩む人はおよそ2800万人いると言われています。病院に行くほどでもないけどって人まで入れたらもっと数は多くなりそうです。

厚生労働省による平成28年の国民生活基礎調査では、自覚症状の状況として、

男性 女性
1位 腰痛 肩こり
2位 肩こり 腰痛
3位 せき、たんが出る 手足の関節が痛む

となっており、腰痛が男性で1位、女性で2位になっています。

ぎっくり腰

良く耳にする、ぎっくり腰(急性腰痛)ですが、これは主な原因として「筋肉へ持続的な負荷がかかる」、「急激な負荷が腰にかかる」といった事で起こると言われています。

具体的に、くしゃみをしたり重い荷物を持ち上げようとしてぎっくり腰になった経験がある方も多いのではないでしょうか? ただ病院に行って検査をした事がある方ならご存知かと思いますが、画像検査を行ってもなかなかはっきりとした原因が分からない事も多く、非常に面倒な所です。

その他の原因としては近年、心的ストレス等によって、筋肉が硬直し血流が悪化することから腰痛に繋がるといった点も言われています。

腰痛=動かない?

ひと昔前では腰痛になったら、じっとして動かず、湿布を貼っておく等が基本でしたが、現在の腰痛診断ガイドラインによると、必ずしもそうではなく、苦痛にならない程度に腰を動かしたほうが早く痛みが引き、再発に対しても効果があると言われています。

薬に関しては国内では第一選択として、非ステロイド性抗炎症薬、COX2阻害薬やアセトアミノフェンが第一選択として用いられます。簡単に言えば皆さんご存知の痛み止めです。

また、温めるも昔から言われますが、急性腰痛に対して、短期的には有効であるとされています。自分でもぎっくり腰になった際に市販の痛み止めを飲んで、腰にカイロを貼っていた記憶があります。

腰は痛めると、日常生活全体に支障が出てしまいます。日頃から気を付けておきたいですね。

https://www.kasumi-pharmacy.com/

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする