この時期から気を付けたい熱中症

こないだ中目黒のデリファシャスに行ってみました。フィッシュバーガーの専門店。昆布〆フィッシュバーガー、その日は天然のヒラメを使っていましたが、これがマジでウマかった。結構並びますけど、美味しいフィッシュバーガーだと思います。

さて、熱中症というと夏本番なイメージがありますが、実は梅雨のこの時期から増加し危険が潜んでいます。熱中症で搬送される人のうち、4人に1人はこの梅雨の時期だって知っていましたか?

梅雨の熱中症の特徴

真夏の場合やはり、野外炎天下の熱中症が多く、それだけに注意している人も多いと思います。しかし、この梅雨時期の熱中症は室内、家の中で熱中症になってしまう人が多いのが特徴です。この時期、まだまだ気温は上がっても30度前後で、「6月からエアコン付けるなんて夏本番になったらどうするんだ!」と言っている人も多いと思います。そんな人要注意です。

人間は汗をかく事で体温調整を行っていますが、梅雨のこの時期、湿度が高いため汗をかいてもなかなか蒸発しません。また、かいた汗もすぐに拭いてしまうと、熱が体内にこもる一方で、なかなか体温調整が難しく、熱中症につながりやすいのです。

この時期、汗を拭く際は濡れタオルで拭くのが効果的。そして無理せずエアコン等で室温を下げましょう。

脳梗塞の危険も!?

梅雨の時期はじわじわと汗をかく場合が多いです。よって、じわじわ自分で気づかない内に隠れ脱水となり、自覚症状がないまま熱中症になってしまう事も多いのです。脱水になるとやはり血液がドロドロになります。そうすると脳梗塞の危険性も高まります。

梅雨のこの時期は、まだ暑さに体が慣れておらず、環境に適応する働きが鈍くなっているので注意が必要です。

熱中症になりやすい人の特徴

実は、熱中症になりやすい人の特徴として、筋肉量が少ない人というのが上げられます。

近年の研究で明らかになったのですが、筋肉には水分を貯めておくタンクの役割もあるのです。必然的に筋肉量が少ない人は一般的な人より体内の水分量が少なくなり、熱中症にもなりやすくなるワケです。

最近運動していないなと言う人は、急に外に出て激しい運動をするのは逆効果ですので、まずは室内で、出来る事から始めてみるのも熱中症対策としても、役に立つと思います。

https://www.kasumi-pharmacy.com/

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする