メニエール病について

急に春らしくなりましたね。桜は満開でお花見日和でしょうか。都内では少し散りだしているので週末が最後のお花見になるのかなと思います。

今回はメニエール病について書いてみます。

メニエール病

激しいめまい、難聴、耳鳴り、耳閉感といった症状が同時に重なる耳(内耳)の疾患で、症状の重なりから吐き気を伴うようになる事もあります。厚生労働省からは特定疾患に指定されています。要は治療が難しい病気の事です。

初期段階において、症状が出ると、グルグル回るようなめまいから、立っている事も困難になりますが、数時間ほど経つと症状は回復します。ただ、これを繰り返すと徐々に症状は悪化、進行します。

また、メニエール病が原因で、音に対する過敏性が強まることがあります。今までは気にならなかった音が異常に大きく聞こえる、音が頭に響くように感じて不快感を感じるといった症状です。

原因

内耳が水ぶくれになり腫れてしまうのが原因と言われていますが、そこに至るまでのプロセスとして、ストレス、睡眠不足、疲労といった現代人が抱えがちな問題が関係しているとも言われており、根本的な原因は解明されていません。

先日メニエール病で活動休止を発表した今井翼さん以外にも、有名人で歌手の久保田利伸さんや現在、プロ野球の監督である栗山英樹さんといった方々もメニエール病を発症しています。

治療

めまい止めの点滴や薬、内耳にたまった水を出す利尿剤を中心に抗不安薬や循環改善薬・ビタミン剤などを組み合わせて処方される事が多いです。

しかし現状、薬による治療だけでは根本的な治療にはならず、生活習慣の改善やストレスの原因を見つめなおすといった事から行う必要があり、治療には時間が掛かってしまいます。

ほとんどの人が前触れなく発症する事が多い病気です、ストレスの多い現代社会において日ごろから自らの体調と向き合う事が予防に繋がると思います。

https://www.kasumi-pharmacy.com/

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする